官報に掲載される民事再生


さて、自宅や個人病院などを手放さなくても借金を減額することができるのをご存知でしょうか。それが民事再生や個人再生です。手続き開始までの流れを説明しましょう。

手続きを開始するために裁判しに再生計画を提出します。その計画案が認可されることで、借金である債務が約5分の1に減額され、その残された債務を5年以内に支払うことになるのです

また、自己破産ではありませんので自宅や個人病院、車などを手放さすことがありませんし、家族も保障人になっていなければ、家族が別の住宅ローンを組むことへも影響を及ぼすこともないでしょう。これらが最大のメリットです。

カードしかし、デメリットがあることも覚えておきましょう。もちろん他の債務整理と同じくブラックリストに名前が出てしまいます。借り入れすることが、5年以上10年間は難しいと言われています。しかし、多くの人は、借金をしてしまったカード会社や系列会社からは二度と借り入れができなくなることや、支払いが完了してから10年が経過していても、借金の額が1000万円近くあればその後もカードを作ることもできません。

また民事再生や個人再生では、国が発行する官報に名前と住所が掲載されてしまいます。市役所や区役所に張り出されるものですので誰かの目に触れてしまうかもしれません。

しかし、居住場所を確保できるだけでもありがたい解決法ですので、今一度自分を見つめなおして早く借金の返済ができるように手続きをすすめましょう。