民事再生と個人再生


持ち家があるのに借金の返済をすることになれば、全てを失ってしまうと思い込んでいる人もいるようですので、まずはその内容を確認しておきましょう。

債務整理にはいくつもの種類があるのですが、その中でも自宅を手放すことなく借金を整理することができるのが「個人再生」や「民事再生」です。個人再生は、本来民事再生と呼ばれているもので、会社の再生に用いられているものですが、その内容を簡略化して、個人であっても利用しやすい内容にしたものが個人再生です。

家個人再生は、住宅ローンが残っていたとしてもその債務額が5000万円以内であれば手続きを開始することができますし、個人再生委員がつくことで報酬を支払う必要がでてきます。そして、個人病院などを経営している場合に適応される民事再生では、債務額に限度がありませんが、個人再生員の代わりに監督委員がつくことになり、その報酬が200万円以上も必要となるといわれています。

他の債務整理よりか費用が高額になることもあるのですが、自宅などを手放さなくて良いという面が非常に優れていると言えるでしょう。

個人再生や民事再生は、裁判所に申し立てることで借金の整理を開始しますが、そこで全てを失う訳ではなくて、長期間での支払いをすることにより借金を減額することが可能なのです。